読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

商品先物トレード日記

商品先物トレードを研究し実践するブログ

東京金もそろそろ下落か

東京金は20時現在、5日線と10日線がデッドクロスしそうな感じです。最終的な結論が出るのはローソク足が完成する明日の15時15分ですが。

 

(東京金 日足 3月6日 20:18現在)

f:id:ks303:20170306203238p:plain

 

気になるのはしっかりと上を向いた25日線(赤線)の存在です。ここからトレンド転換するにしても、一度は25日線でサポートされるような気がします。出来れば5日線と10日線が位置する4500円付近まで反発してきたところで売りたいですね。もし、このままあっさりと25日線もブレークダウンするようなら、ブレークダウンした直後に売り建てでしょうか。

 

今晩から明日いっぱいは目が離せませんね。

今週の東京金トレードの見通し

今週の注目は、何といっても3月10日の米雇用統計。この結果次第で、3月利上げが決定的になります。Fedウォッチによると3月利上げ確率は既に79.7%まで上昇しています。今の時点でほぼ決定的と言ってもいいかもしれませんね。ただ、ここから逆に利上げ見送りに流れが傾いた場合、ちょっと大きなインパクトになるかもしれませんね。

 

さて、NY金のチャートは今、こんな感じです。

 

(NY金 日足)

f:id:ks303:20170306103935p:plain

 

ちょうど25日線をブレイクダウンしています。このまま、5日線と25日線がデッドクロスしてくればNY金はトレンド転換ということになります。

 

NY金にしても東京金にしても日柄を考えるとそろそろ調整がほしいところ。スイングトレードの場合、ここからの買いはちょっと厳しいですね。個人的には、今週は金市場が3月利上げを織り込む週になるのではと考えています。期待通りの流れになれば、どこかで売りを仕掛けるつもりです。

売買履歴 3月4日現在

この一週間は全く取引をしませんでした。ということで、成績は先週から変化はありません。

 

今年の成績は、3月第1週を終えて、3勝2敗でトータル+44。何とかプラスで来ているのですが、かなり下手なトレードをしているなあという印象。うまくやっていれば、もう少し大きなプラスに出来ていたような気がします。

 

来週は売り建てのチャンスが来るかもしれないので、集中力を高めて頑張りたいと思います。

 

東京金ミニ
12月限 買 1月10日 4393円 仕切 1月24日 4402円 +9
12月限 売 1月24日 4397円 仕切 1月25日 4355円 +42
12月限 売 1月30日 4371円 仕切 2月 1日  4399円 -28
12月限 買 2月2日  4404円  仕切 2月14日 4464円 +60
12月限 売 2月21日   4477円  仕切 2月24日 4516円 -39

トレンド転換の気配

週末のNY金は6.4ドル安。25日線をブレークダウンしていますのでトレンド転換の可能性が高まってきました。そして、Fedウォッチの3月利上げ確率は何と79.7%まで上昇しています。来週は金利上昇を織り込みながら金価格は下落すると見ているのですが、はたしてどうなるでしょうか?

 

東京金は一旦に4500円を割り込んできましたが、何とか4500円を回復して引けています。チャートを見ると5日線と10日線はまだデッドクロスしていませんが、ローソク足は5日線と10日線をブレークダウンしています。

 

5日線と10日線がデッドクロスするタイミングで売り建てを考えていたのですが、すぐ下に25日線が迫ってきているので、このタイミングでエントリーするのはちょっと考えてしまいます。このチャートパターンだと25日線をブレークダウンするまで待ってからエントリーした方がよいかもしれないですね。このあたりは、来週の値動きを見て考えたいと思います。

 

(東京金 日足 3/4 4:00現在)

f:id:ks303:20170304091302p:plain

3月利上げ観測が高まってきてた

昨晩はNY金が17.1ドル安となり大きな陰線が出現しました。FRB高官の利上げに対して積極的な発言が相次いでいて、米国市場において3月利上げ観測が高まってきたのが原因のようです。米国10年債の利回りも上昇しています。そして、Fedウォッチの3月利上げ確率は、前日の66.4%から75.3%まで上昇しています。来週3月10日に発表される米雇用統計の数値が良ければ、利上げされる可能性が高そうですね。

 

こうした外部環境を考えると、東京金のトレンド転換もそう遠くはないと感じます。東京金の方も夜間取引では反落。今朝も下げてきていますね。ここからは、売り建てのタイミングを見逃さないようにチャートをしっかり監視しとかないとだめですね。

今日も様子見です

今日は、午前中に直近高値を更新しましたが、夜間取引では下落してきています。

 

チャートを見てみると移動平均線は全て上向きで上昇トレンドが続いていることが分かります。東京金の調整局面入りはもう少し先になるかもしれませんね。結局今日も売りサインは出ず、今週はずっと様子見が続いています。

 

次の大きなイベントは3月10日の雇用統計。それまでは今の緩やかな上昇トレンドがだらだらと続くかもしれません。気長にトレンド転換のサインが出るのを待つだけですね。

 

(東京金 3/2 23:07現在)

f:id:ks303:20170302230814p:plain

トランプ相場が再始動か

米国市場も素直にトランプ大統領の演説を好感したみたいですね。昨夜のNYダウはプラス303ドルの急騰!米国10年債の利回りも2.45%まで上昇。この状況を見ると、米国市場はバブルに突入していると言ってもいいのではないでしょうか。完全にリスクオンの流れとなり、NY金は教科書通り下落しています。ただし、まだまだ底堅い値動きではありますが。

 

トランプ大統領は、演説で1兆ドルのインフラ投資法案への協力を議会に求めたとのこと。一方で、ブレイナード米FRB理事は大規模な財政拡大がインフレ加速と金利上昇につながるだけという可能性があることを指摘しています。これらの話しを総合すると、今後、米国は財政拡大で金利が上昇し、金価格には下方圧力がかかってくるとみるのが素直な解釈だと思います。

 

東京金の方は、今日は朝から勢いよく上昇して直近の高値を更新し、高値4553円を付けています。これは完全に円安の影響ですね。東京金はなんやかんや言いながらもずっと上昇トレンドが続いているわけですが、チャート分析からも外部環境からも、ちょっと今から買う気にはなれませんね。ぼくは、売り目線でチャンスが来るのを待ちます。ということで、今週は、様子見だけで終わるかもしれませんね。