読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

商品先物トレード日記

商品先物トレードを研究し実践するブログ

今週の東京金トレード(1月第5週)

東京金は先週末に10日線付近まで戻ってきました。上昇トレンドが継続するのか、それともトレンド転換するのか?まずは、そこの見極めでしょう。直近高値は1月23日につけた4443円、直近安値は1月27日につけた4347円です。半値戻しの値位置が4395円なので、4400円が節目になりそうな感じです。週前半は売り目線でチャンスを待つことにします。

 

外部環境をみてみると、トランプ政権発足により、米国金利の上昇、ドル高、株高、の流れが出てきているなか、金価格が大きく上昇していく要因があまりないように思います。ただ、東京金の場合は円安が底上げしてくれるので、比較的底堅いとも思われます。ということで、外部環境としてはもみ合いになりそうな状況だと考えています。流れが変わるとしたら、やはりトランプ大統領の発言でしょうか?

 

今週の要注意イベントは、31日(火)の日銀政策決定会合発表と3日(金)22時30分の米雇用統計。雇用統計の結果が良ければ金利上昇による金価格下落の流れが本格化してくるのでしょうか。