読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

商品先物トレード日記

商品先物トレードを研究し実践するブログ

雇用統計の結果を受けて

昨晩、1月雇用統計の結果が発表されました。発表直後は東京金は乱高下したみたいですが、結局は発表前より小幅上昇となりました。NY金も同じような動きとなっています。

 

今回の雇用統計の結果は強弱が混じっていて、それほど大きなインパクトにはならなかったみたいですね。非農業部門の雇用者数は市場予想を大きく上回って22万7000人増となりました。これを好感してNYダウは上昇。その一方で、賃金の伸びが予想を下回ったため3月の利上げ観測が遠のいたようです。FEDウォッチの3月の利上げ確率が10%未満に下がっています。

 

この結果を素直に読み解くと、3月の利上げ観測が遠のいたことで短期的には金は買われるのではないでしょうか。ただ、東京金については円高傾向が続きそうなことが気がかりではありますが。

 

東京金のチャートをみると、ちょうど5日線と10日線がゴールデンクロスしたところで、雇用統計の結果はこの買いサインを支持する形になっています。ということで、ぼくは来週は買い目線でいきます。