読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

商品先物トレード日記

商品先物トレードを研究し実践するブログ

円安誘導批判に関して

今一番気になっているのは為替の動向。教科書通りなら、日米の金利差を考えれば円安が継続するはずです。ただし、トランプ大統領の円安牽制があるのでそう簡単ではなさそうですね。

 

安倍首相は、トランプ大統領の円安誘導批判に対して反論するようですが、果たして円安誘導批判を封じ込めることはできるのでしょうか?安倍首相は、衆院予算委員会で「2%の物価安定目標に到達するために適切な金融政策を日銀に委ねている」と回答しましたが、今一つぱっとしないなぁという印象です。

 

世間では、金融緩和イコール円安・株高誘導政策というのが一般的な認識になっているように感じますし、ぼくは完全にそのように理解していました。本来の目的である物価安定の効果が本当に金融緩和によって得られるのでしょうか?ぼくは経済の知識は乏しいですけど、普通に考えて金融緩和の影響が一番顕著に表れるのは為替でしょう。労働者の賃金上昇の効能を期待しての金融緩和であったとしても、副作用である円安誘導の方が強い作用をもたらしたのは当然の結果であって、円安誘導との批判を受けることは仕方ないような気がします。「円安誘導はしていない」という回答は、ちょっとどうなのかなぁと感じています

 

さて、今後の見通しですが、個人的には、日銀は円安誘導との批判を受けながらも金融緩和を継続するでしょうし、米国は今年も利上げが実施されるのでしょうから、トランプ大統領の牽制があったとしてもやっぱり円安の流れは変わらないような気がします。