読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

商品先物トレード日記

商品先物トレードを研究し実践するブログ

トランプ相場が再始動か

雑感 トレード日誌

米国市場も素直にトランプ大統領の演説を好感したみたいですね。昨夜のNYダウはプラス303ドルの急騰!米国10年債の利回りも2.45%まで上昇。この状況を見ると、米国市場はバブルに突入していると言ってもいいのではないでしょうか。完全にリスクオンの流れとなり、NY金は教科書通り下落しています。ただし、まだまだ底堅い値動きではありますが。

 

トランプ大統領は、演説で1兆ドルのインフラ投資法案への協力を議会に求めたとのこと。一方で、ブレイナード米FRB理事は大規模な財政拡大がインフレ加速と金利上昇につながるだけという可能性があることを指摘しています。これらの話しを総合すると、今後、米国は財政拡大で金利が上昇し、金価格には下方圧力がかかってくるとみるのが素直な解釈だと思います。

 

東京金の方は、今日は朝から勢いよく上昇して直近の高値を更新し、高値4553円を付けています。これは完全に円安の影響ですね。東京金はなんやかんや言いながらもずっと上昇トレンドが続いているわけですが、チャート分析からも外部環境からも、ちょっと今から買う気にはなれませんね。ぼくは、売り目線でチャンスが来るのを待ちます。ということで、今週は、様子見だけで終わるかもしれませんね。