商品先物トレード日記

商品先物トレードを研究し実践するブログ

商品市場が軟調です

商品市場が軟調ですね。トムソン・ロイターが提供する国際商品指数であるCRB指数が3月に入ってから急落しています。原油の下落が要因かと思いますが、商品市場から資金が引き上げられています。

 

米国の株式市場も徐々に失速してきいるように見えます。こうした市場の雰囲気の変化は、3月利上げがほぼ確実視されていることの現れだと考えられます。Fedウォッチによると3月の利上げ確率は3月12日現在で95.2%となっています。3月の利上げが相場の流れを変える契機になるかもしれませんね。

 

テクニカルトレードにはあまり関係ないことかもしれませんが、なかなか面白い局面になってきたと思います。この機会に、外部環境の変化と金価格の相関をじっくりと観察して、金価格の値動きのメカニズムへの理解を深めたいと思っています。